芸能

【まとめ】メンツ丸潰れ警視庁 “ASKA専従チーム”結成の可能性も?

投稿日:

1:2016/12/22(木) 07:25:35.69 ID:
 それにしても不可解なことが多すぎる結末だった。覚醒剤使用容疑で逮捕された歌手のASKA(58)が、嫌疑不十分で不起訴となり釈放された件だ。

自宅で行われた尿鑑定で陽性反応が出たにもかかわらず、ASKAは、これは尿ではなくお茶で、絶対に覚醒剤はやってないと主張。結局、警視庁はこの主張を覆せず、不起訴となった。

釈放後、ASKAは続けざまにブログを更新。焦点となった尿検査について〈目の前にお茶がありました。仕事部屋に置いてあったスポイトを思い出しました〉〈尿ではなく、スポイトで吸い上げたお茶を出してみよう〉などと、当時の心境をつづっている。潔白であれば、堂々と尿を出せばいいところを、なぜ、お茶を出したのかは不明だ。

「『お茶を入れた』と言うこと自体、どうみても不可解な言動です。仮に裁判で争点となれば、尿検査に立ち会った警官が『ちゃんと見ていたから、他のものを入れられるはずがない』と証言すればいいだけの話です。しかし、何らかの理由で『ちゃんと見ていた』と言い切れない状況にあったのでしょう。ASKAは執行猶予中で、今回有罪になれば、絶対に実刑となる身。何らかの“悪あがき”をしてくることは想定しなければいけなかった。その点においては、警視庁の想像力の欠如があったと思います」(警視庁OB)

しかも、完全な誤認逮捕だったのなら、普通、警察への恨みつらみを書き連ねてもいいもの。しかし、ASKAはブログで〈警察が一方的に悪者になってしまいますね。失礼しました〉〈科捜研に間違いはないと思います〉と、警察を微妙に“フォロー”しているから不思議だ。

「もしかしたら、ASKAもこんな結末になって、ビックリしているかもしれません。ただし、メンツを潰された警視庁が、このまま黙っておくわけがない。今後、ASKAを徹底的にマークしていくでしょう。極端な話、“専従チーム”でも作るかもしれません」(前出の警視庁OB)

不起訴で一件落着……とはいかないかもしれない。

日刊ゲンダイ 2016年12月22日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/196259

3:2016/12/22(木) 07:28:25.20 ID:

実際に警察が尿をすり替えた事件

今年の春の事件

覚醒剤「尿すり替えた疑い」と無罪 判決「捜査ずさん」
2016年3月16日13時29分
http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ3J363TJ3JUTIL004.html

・若干量の覚醒剤を使ったとして逮捕
・尿のすり替え
・容疑を一貫して否認

4:2016/12/22(木) 07:28:36.56 ID:

メンツを潰された、て
尿の採取の確認さえまともにしてないアホ捜査しといて何言ってるんだ?
12:2016/12/22(木) 07:33:12.17 ID:

日常的な盗聴と監視が現実になる
19:2016/12/22(木) 07:38:17.01 ID:

この執念深さ
今度は何ではめる気だ
24:2016/12/22(木) 07:40:15.30 ID:

集団ストーカーかよ

 

-芸能
-

Copyright© きにわだ , 2017 AllRights Reserved.