ニュース

ハゲが治るかも臨床試験始まるw

投稿日:

ついにハゲが治る!? 頭皮に発毛細胞を移植し、亡くなった髪の毛を再生 国内初の臨床試験スタート
1:2016/07/26(火) 21:45:02.67 ID:
毛髪再生で初の臨床研究 発毛促す細胞を頭皮に注入

若いうちから髪の毛の生え際が後退したり頭のてっぺんの毛が薄くなる「壮年性脱毛症」は、日本人の男性の
3割が悩むともいわれますが、発毛を促す細胞を頭皮に注入することで無くなった髪の毛を再生しようという
初の臨床研究を、東京医科大学などのグループが今月スタートさせました。脱毛に悩む人の根本的な治療法と
なるのか注目されます。

「壮年性脱毛症」は、男性ホルモンが発毛を抑えることなどが原因で20代の若いうちから生え際が後退したり
頭のてっぺんの髪の毛が薄くなったりします。日本人の男性のおよそ3割で発症するといわれ、女性で悩む人も
少なくありません。

東京医科大学病院と大手化粧品メーカー資生堂のグループは、こうした人の髪の毛の再生を目指す臨床研究を
今月から始めました。

臨床研究では、まず頭の後ろの部分から10本程度の髪の毛が含まれる頭皮を切り取り、この中に含まれる
「毛球部毛根鞘細胞」と呼ばれる細胞を取り出します。そしてこの細胞を3か月ほどかけて百万個にまで増やしたあと、
髪の毛が無くなった頭皮の部分に注入します。この細胞は、脱毛の原因となる男性ホルモンの影響を受けにくい
特徴をもっているほか、注入した細胞が発毛を促進し、細く短くなって頭皮の下に隠れてしまった髪の毛を再び
太く長い髪の毛にすることが期待されるということです。

グループでは、男女合わせておよそ60人にこの治療を行う予定で、発毛を促す細胞を頭皮に注入して髪の毛を
再生する臨床研究が行われるのは国内では初めてです。

研究に参加した50代の女性は「頭のてっぺんの毛が薄くなり、細くなったのが気になっていました。自分の
細胞を使うため拒絶反応の心配も少ないということなので期待しています」と話していました。

研究を行う東京医科大学の坪井良治・主任教授は「育毛剤などは使用し続けないと効果が続かないが、
この方法は一度の治療で数年以上、効果が持続する可能性があるのが大きなメリットだ。今後5、6年の間に
実用化を目指したい」と話しています。










http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160726/k10010609581000.html

つづく


7:2016/07/26(火) 21:46:21.85 ID:

もう何もかも遅すぎた


18:2016/07/26(火) 21:51:16.35 ID:

ついに来たか!


28:2016/07/26(火) 21:55:49.99 ID:

今後5、6年の間に実用化


40:2016/07/26(火) 22:02:57.61 ID:

実用化されてもフサフサになるのにウン百万掛かってお前らの大半はハゲのまま


64:2016/07/26(火) 22:19:49.48 ID:

何度も期待させられて騙されるハゲ


80:2016/07/26(火) 22:52:06.87 ID:

どうせ10年後とかだろ。
遅いは。


81:2016/07/26(火) 22:53:32.46 ID:

ハゲは子孫に迷惑です


121:2016/07/27(水) 03:48:00.44 ID:


 

-ニュース
-

Copyright© きにわだ , 2017 AllRights Reserved.