ニュース

顔面にたたきつけた〝愛のハンマー〟 「かわいそうだが先に逝け」…精神疾患の長女殺めた老夫婦の窮状

投稿日:

1:2016/07/25(月) 11:50:28.93 ID:
【衝撃事件の核心】
顔面にたたきつけた〝愛のハンマー〟 「かわいそうだが先に逝け」…精神疾患の長女殺めた老夫婦の窮状

かわいそうだが、先に逝(ゆ)け-。87歳の父親は自ら手にかけた43歳の娘にあて、こんな手紙をしたためた。
70歳の母親は娘の顔に付いた血をふき取り、遺体と添い寝をした。2人も死に場所を求めてさまよったが結局、死にきれなかった。
精神疾患の長女を殺害したとして、殺人罪に問われた老夫婦。7月に開かれた大阪地裁の裁判員裁判で、
極限状態まで追い詰められた救いのない日々を生々しく語った。

■「お母さん助けて!」

平成27年11月18日早朝。長女はまだ1階の和室で、寝息をたてていた。それを確認した母親は、
2階で待つ父親に「よう寝てるよ」と告げた。

父親は和室に向かった。母親は声を潜めて、事が終わるのを待った。しばらくして長女の悲鳴が聞こえてきた。

「お母さん助けて! お父さんに殺される」

父親の公判供述によると、熟睡していたはずの長女の横にひざをつくと、まだ何もしていないのに、
ぱっと目を覚ましたのだという。あるいは殺気を感じとったのかもしれない。

長女が叫んだのと間髪を入れずに、父親は手にしたハンマーを長女の顔面に3回たたきつけた。

いたたまれなくなったのか、2階の母親も駆け下りてきた。長女を挟んで、夫婦は言葉を交わした。

母親「顔が血だらけになってるやん」

父親「助けるんやったら今やで」

ここでやめても、取り返しはつかない。母親は「それは無理や」と言下に否定した。父親は「早く楽にさせたろう」と応じ、
今度はベルトを長女の首に巻き付けた。

「私も引っ張らせて」と母親は言った。ベルトの両端をそれぞれが握り、力を込めて引き絞った。間もなく長女は動かなくなった。

「あんたの人生、奪ってしまってごめんな」

母親は心の中で長女にわびながら、顔の血をていねいにタオルでふき取り、その日は亡きがらの横で休んだ。

父親は亡き娘に手紙を書いた。《かわいそうだが先に逝ってもらう。お父さんもお母さんも後から逝くから》

夫婦は翌日から、死に場所を探して車であちこちをさまよった。20日に大阪府貝塚市の港から車ごと海に飛び込んで自殺しようと試みたが、
タイヤがひっかかって失敗。通りかかった人の通報をきっかけに、2人は死体遺棄と殺人の容疑で逮捕された。

(>>2-10あたりに続く)

産経WEST 2016.7.25 11:00
http://www.sankei.com/west/news/160725/wst1607250003-n1.html


2:2016/07/25(月) 11:51:18.08 ID:

>>1つづき)
■「学校へ行きたくない」

長女は小さいころから、トゥレット症候群に悩まされていた。本人の意思に反して、
まばたきを繰り返すなどの「運動チック」と、せき払いや叫び声など「音声チック」が1年以上続く疾患を、トゥレット症候群と呼ぶ。

長女にチック症状が現れたのは小学3年生ごろ。無意識につばを吐く症状が出た高学年のときは、
周囲の児童から「汚い。お前と物を食べられへん」となじられた。中学校に入ると、体全体を振るわせたり、
顔をゆがめたりと症状はさらに悪化した。

我慢強いあまり愚痴も言わない子供だったが、せっかく入学した高校は1学期だけで退学した。
通学電車の中でチック症状が出ると他人からじろじろ見られ、疎ましがられた。長女は「学校へ行きたくない」と泣いた。

それから就職したこともあったが、なじめずにすぐに辞めてしまい、家にこもりがちになった。トゥレットだけでなく、統合失調症も発症した。

■「病気は親の責任」

長女が22歳のときに〝転機〟が訪れた。

障害基礎年金を申請すると、過去の分もさかのぼって支給され、約250万円が一気に手に入ったのだ。
長女はそれを1年半で使い切り、ここから浪費癖が始まった。

「自分の金だから、好きなように使う」

年金を貯金するよう勧めた父親に対して暴れ、高価なパソコン、趣味の絵を描くための道具を買い込んだ。
母親名義のカードにはネット通販や有料テレビの視聴料、宝塚歌劇のチケット代、ゲームの課金料金の請求もくるようになった。

「病気を持ったのは親の責任や」

こう言って責める長女に両親は何も言えず、「あの子の唯一の楽しみを奪えない」と、浪費癖をいさめられなくなっていた。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)


23:2016/07/25(月) 11:59:04.20 ID:

悲しい事件だけど誰も悪くないよね
両親に執行猶予が付きますように


88:2016/07/25(月) 12:12:10.40 ID:

母親は5年ほど前まで勤めに出ていた。長女は何か嫌なことがあると、
自宅から母親の職場に「死んでやる」「手首を切る」「薬を飲んだ」と、たびたび電話をかけたりファクスを送りつけたりした。
母親はそのたびに帰宅した。
母親の姿が見えなくなると「何してんねん」と声を荒らげた。風呂も母親とでなければ入らない。
「起きている間はずっと一緒」という生活だった。

甘すぎたんじゃね?


144:2016/07/25(月) 12:20:54.56 ID:

統合失調症は、100人に1人の割合で発生
病識がないのが特徴、本人は病気じゃないと思ってるから病院に行かない
病院に行け、薬を飲めという家族に対して暴力的になることが多い
他害(家族は不可)がないと、入院しても長くても1か月ですぐ退院
浪費、徘徊、家族に暴力ぐらいじゃ入院できないよ


161:2016/07/25(月) 12:23:30.21 ID:

こういう人生やだな…。たまにニュースで見るけど。


 

-ニュース

Copyright© きにわだ , 2017 AllRights Reserved.